MENU

【介護】義母の今後

不幸の手紙」かと思うお知らせが届きました。



アルツハイマー認知症の義母が入所している老健からです。


義父が自損事故を起こして入院した時、急遽、こちらの施設に義母がお世話になることになりました。


老健は、在宅復帰を目指すための施設なので一定期間(3〜6ヶ月)で退所しなければいけない場所だということは知っています。


知っていますが…


職員の方からの説明では「長い方だと1年以上居られる方もいらっしゃいますし、更新できないということではない」と言われていたので、それで安心してしまっていました。


特養には申し込んでいますが、今のところ、なんの連絡もありません。


「更新できなかった時のことも考えておいて下さい」


それぐらい厳しいことを言われていたら、もっと真剣にこの先のことを考えていたかもしれないのに!


と恨みがましく言ったところで、危機管理能力が低いって言われるだけですよね…


はぁ⤵︎


同じく認知症で要介護3の義父が義母の介護ができるはずもないので、自宅に戻すこともできないし、どうしたらいいの???


手紙は昨日 届いたばかりなので老健との話し合いはこれからですが、グループホームなりサ高住なり有料老人ホームなり、どこかしらに空きがないか、これから必死で探さないといけませんね…


やっと少し、生活が落ち着いてきたなって思っていた矢先にこれです。


一難去ってまた一難


義母や義父に対して、こうなる前に、自分たちで自分たちの行く末をもう少し考えておいてくれれば良かったのに!って思うぐらいは許されますか???


私は絶対、自分の息子に同じ思いはさせたくないです。


その為の良い経験ができていると思うようにしていますが、やりきれない気持ちになることもあります。


夫の父と母だから面倒見なきゃって思って色々やってはいるけど、こういう煩わしいこと、いつ終わるんだろうって、思いたくないのに思ってしまう自分がいて、そんな自分がどんどん嫌いになりそうです⤵︎⤵︎⤵︎


更に、こういう手紙が届くと、どんどん悲観的になって暗くなってしまいます。


ダメですね〜


明るく明るく!


夫もこの手紙を見てうろたえていたので、気を取り直して私が頑張らなきゃ…


義母が落ち着ける場所、早急に見つけたいと思います。


***************


ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


ハル(╹◡╹)♡


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村