MENU

義母は19歳!まさかね(笑)我が家の介護問題を考える⑧

義母(77歳)の長期入所が決まりました!


と言っても老健なので3〜6ヶ月の期限付きですが、長期という響きだけで安心感が違います^ ^


つい先日「(ショートステイから)長期に切り替えましょう」という連絡をもらったばかりなので、まだ詳細が聞けていないのですが(手続きがあるので、その時に詳しく)ひとまずホッと一息つけた感じです。


アルツハイマー認知症(要介護3)の義母は昼夜逆転傾向にあり、入所1週間でやんわりと「面倒見切れないから退所してほしい」的なことを言われ、精神科への入院まで勧められた時は、どーしたものかと途方に暮れそうになりました。



アパートを借りて義母と一緒に暮らすことまで本気で考えました。(義実家には色んな理由で住みたくないので…)昼間は、これまで通っていたデイサービスにマックスで通わせて、その間に自宅に帰って(片道2時間、往復で4時間)まとめてできる家事などをして、夜は夫と交代でなんとかできないものか?昨年、手放した車も新しく買い直せば時間の節約ができるかもしれないし、それからそれからetc…


息子を一人にしてしまうし、とても出来そうにないことだと分かっていても、どーにかならないかと悩みに悩みました。


でも、紹介された精神科の先生&担当して下さった看護師さんの対応のおかげで、そんな無茶なことをしなくても済み、今に繋がっています。


はじめ、状況的に精神科への入院が避けられない雰囲気で、私たち家族の意向(施設から通院し服薬で対応)を無視した流れになっていました。


ケアマネさんに言われるがまま、まず、精神科病棟の見学と本人抜きで家族との面談が必要とのことだったので、日程を調整し夫と二人で病院に出向きました。


院内は階によって病状分けされていて、エレベーターも鍵がないと開かない&動かない、降りてもバリケードのような柵があり、厳重に施錠された先に病室があるといった造りで、重度の方はほぼ寝たきり(たぶん、自傷行為やその他の危険がないように拘束されている方も含まれます)、時折、意味不明な奇声が聞こえてきて、その度にドキッとして、正直ちょっと怖いなぁと思ってしまうような場所でした。(慣れれば、なんてことない、普通の入院病棟だとは思います。)


窓がなく、壁や床がふかふかした何も置かれていない6畳程の部屋もありました。そこは、興奮された方を一時的に、言葉は悪いのですが閉じ込めて、ビデオカメラで中の様子を監視し、落ち着くまで待つ、いわゆる隔離部屋です。


歩ける方&比較的落ち着いている方は、レクレーションなどに参加してもらい、順番を守るなどの基本的なことから欲求をコントロールすることを学び、特養などの集団生活に対応できるような訓練なども行なっているそうです。


一般的に入院施設の中では精神科が一番厳しく管理されていて、入院中、一切の私物の持ち込みが禁止されているそうで、身に付ける物から歯ブラシ1本まで全て病院が用意したモノを使ってもらうことになるとの説明も受けました。


面談では、義母の性格や普段の様子、老健で聞かされた状況などを伝えました。


義母は、見当識障害、徘徊、失語があり、食事、入浴、着替えも介助が必要です。尿意や便意を訴えることも微妙になりつつあり、私のことはもちろん、息子である夫のことも忘れてしまったほど、症状が進んでいます。


でも笑顔(表情)はまだあるんです!


身体的にもどこも悪いところがありません!


そんな義母を精神科に入院させることに抵抗を感じることや、環境が急に変わったことで落ち着かないだけではないのか?通院と服薬での対応では本当に無理なのか?など、疑問に感じていたこと、老健のスタッフやケアマネさんに話しても伝わらなかったことを、精神科の先生にもぶつけました。


先生からは「本人を診察してみないと何とも言えないが、話を伺う限り、通院と服薬で対応できそうだし、老健が入院を勧める理由が分からない」といった答えが返ってきて、この後、精神科の先生(実際にやり取りしたのは、たぶん看護師さん)と老健とがどの様な話し合いをしたのか分からないのですが、やんわりと「面倒見切れない」と言っていた老健から連絡があり「通院と服薬で様子を見ましょう」という流れに変わりました。


翌週、こちらの精神科に始めて義母を連れて行った時、長谷川式(簡易的な知能検査)の問いかけを何問か出されて、名前だけは答えられたのですが…


「ここはどこですか?」


「今日はどなたと一緒に来ましたか?」


など、とても簡単そうな質問にも答えられなかったので、先生も質問を早々と打ち切ってしまったのですが、思わず笑ってしまった答えが一つだけありました。


「おいくつですか?」の問いに


「じゅう、、、」


「きゅう???」


「だった???」


19!!!まさかの10代!!!


50以上サバ読んでます(笑)


これには笑うしかなかったです^ ^


週に1回、通院に付き添い3週が経ち、薬が上手く作用してきたのか?単純に老健での規則正しい生活と環境に慣れてきて落ち着いてきたのか?は分かりませんが、6時間まとめて寝てくれる日も増えてきたとのことで「長期入所に切り替えましょう」という現状に至ります。


結果だけを見れば良い方向に進んだので良かったのですが、今回のことで、一つだけ心に引っかかっていることがあります。


それは、老健からだけではなく、これまでお世話になってきたケアマネさんからも精神科への入院を強く勧められたことです。


たぶん通院となると家族への負担が増すので、義父のこともあるし、入院させた方が良いという判断だったのだと思うのですが、義母や家族の気持ちに寄り添った判断ではなかったような気がしていて…


今、義父の介護申請中なのですが(たぶん要支援1or2)担当は義母と同じ方になるらしいのです。


ケアマネさんって、変更もできるんですよね?申し出ようかどうしようか、実は悩み中です。


義父の方もリハビリ科のある病院への転院の日程が決まりました!


あと何日もないのに、テレビカードの残がないことに腹を立て、朝から看護師さんに悪態をついたらしくて、テレビカードを買う為だけに病院に来て下さいと連絡があったりで(オムツを届けたばかりの翌日ぐらいの連絡でした)


「もぉーーー少しぐらい我慢してよーーー」と怒りが込み上げてきましたが、看護師さん達にこれ以上迷惑はかけられないので、対応しました。


片道2時間、だいぶ慣れてはきましたが、やっぱり遠いです。(現地での移動はカーシェアを借りて動いています。)一度行ったら無駄にはできないと思い用事を一度に済ませようとすると、朝8時に出ても帰りはいつも22時過ぎ頃。


さすがに疲れが溜まってきて、息子のお弁当をサボらせてもらったり(コンビニで買ってもらったり)あちらに行かない日の夕飯も簡単なモノ(丼モノが多い)で済ませることが増えてきました^^;


義母はいつも謙虚で「私…よく分からなくなっちゃった…ごめんね」と謝らなくても良いのに謝ってくれるので、自然と何かしてあげたくなるのですが、義父は、、、


リハビリ科に転院したら1日6時間のリハビリをするそうです。(結構スパルタなのね〜w)


この調子だと年内中に退院になるかもしれないので、今、夫と二人で義実家の片付けを始めたところなのですが、この話は、また次回にでも。


まだまだ課題はありますが、ひとまず、義母の長期入所が決まって本当に良かったです^ ^


***************


お読み頂き、ありがとうございました。


ハル(╹◡╹)♡


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村