MENU

徘徊対策、内鍵の設置は鍵屋さんじゃなくても出来ました!!我が家の介護問題を考える④

アルツハイマー認知症の義母(77歳)と義父(82歳)が心配で、半年程前から2週に一度、義実家に帰るようになりました。


ドア・ツー・ドアで片道2時間、かなりしんどいです(>_<)


ただ帰るだけじゃ辛いだけなので

  • ケアマネジャーさんとの情報共有
  • 病院の付き添い
  • 冷蔵庫内の掃除


などなど、様子(元気かどうか?)を見るだけじゃなく、何かやったぞ!と思えるように、毎回、何かしらの目的をもって行くようにしています。


先日は内鍵を玄関と勝手口に設置してきました。


義母の徘徊対策の為です。



今年に入り一度だけ、義父が寝ている間に家を出てしまったことがありました。「寝ている間に」ということは初めてのことです。


警察に保護されて無事でしたが「事故に遭ったらどうしよう?」「そのまま行方不明になってしまったらどうしよう?」と今後も不安がつきまといます。


だからと言って、義父に「四六時中、義母を監視していろ」とは言えないので、止むを得ずの対策として内鍵の設置を決めました。


玄関に設置したのはカバ製の交換用セーフティサムターンというモノです。



もともと付いている鍵(シリンダー)はそのままで、内側のつまみだけを交換するモノです。


施錠の為のつまみが空転(空回り)して家にいる人も鍵がなければ外に出られなくなります。


鍵って複雑で、交換なんて素人には無理って考えてしまうのが一般的かな?と思うのですが、鍵屋さんを呼んで見積もりを出してもらったら、部品代、工賃、出張費込みで35,000円と言われました。


この金額が妥当かどうかは分かりませんが、部品だけなら楽天市場(ネット)で1万円以下で買うことができることが分かり、説明を読む限り、割と簡単に交換出来るのかも?と感じたので、鍵屋さんには頼まず自分達で交換することにしました。


実際、15分程で交換できてしまい拍子抜けするぐらい簡単で、82歳の義父に操作を覚えてもらう方が、よっぽど時間がかかって大変でした(笑)


もし、ご家族の徘徊等でお困りの方がいらっしゃれば、カバ製の交換用セーフティサムターンおすすめだと思います。



鍵屋さんの言い値で取り付けてもらうなんてバカバカしい!と私は思ってしまいました(^^;;


↓勝手口には、こちらを取り付けました↓

日本ロックサービス DS-IN-2U インサイドロック ブロンズ

日本ロックサービス DS-IN-2U インサイドロック ブロンズ


義実家に帰る度に地味〜にお金が出ていきます。介護の必要性が進めば、それこそ、いくらかかるか分かりません。


これからの事も考えて少しでも節約できて良かったなと思います。


あとは内鍵が上手く機能して義母の徘徊が減る事を願うばかりです。


次回は義母の美容室の付き添いを目的に帰る予定です。


ところで、気付けば3月ですね〜


丸2ヶ月以上ブログを完全放置しちゃってましたが、また気が向いたら更新したいと思います。


お読み頂き、ありがとうございました。


ハル(╹◡╹)♡


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村