住まいる Smile

10年前に購入した2LDKのマンションで3人住まい。猫好きアラフォー専業主婦の雑記帳ブログです。

認知症の義母が徘徊!我が家の介護問題を考える①

ブログ名に「Smile」と入れているので、このブログでは自分が暗くならないような話題を書くようにしているのですが、今日は、ちょっと暗くなってしまうかも?


先にお断りしておきますね(´;ω;`)ウゥ


私は昔から一つの事を考え出すと、途端に他の事が手に付かなくなってしまいます。


今朝も、息子のお弁当を作り洗濯を干したまでは良かったのですが、気付いたら飲まず食わずでお昼をとっくに回っていて、慌てて掃除機をかけ、トイレとお風呂の掃除をし、お弁当のおかずの残りをつまみました(笑)


このままでは病んでしまいそうなので、今抱えている問題をなるべく明るく書き出して(吐き出して)この状況を打破していきたいと思います!


なんのこっちゃ?て話ですよね(^^;


タイトルに書きましたが「我が家の介護問題」の話です。


実は昨日、認知症の義母が徘徊して、保護され、お世話になっているデイケアから夫に連絡があり、慌てて実家に帰る


という一連の出来事がありました。


義両親は幸い同じ県内に住んではいますが、我が家とは端と端といった位置関係にあり、片道2時間程かかります。


義母にケガ等はありませんでした。


義母は76歳、義父は82歳、2人で暮らしていて、義母は週に2回デイケアを利用している状況です。


私の両親は、まだギリ60代なのに対して、夫はその時代にしては遅い子共だったということがわかります。


義母は10年程前から物忘れの症状が出始め、若年性アルツハイマー認知症と診断されました。


症状は年々進行していて、今は、思い出しはするのですが、一人息子である夫のことを「誰だっけ?」と忘れてしまうことがあるような状態です。


家事は義父がやっていて、いつ行っても部屋はキレイで洗濯物が山積みということもありません。


だから「お義父さんが元気なうちはまだ大丈夫」だと私達夫婦は思っていたんですよね…


今回、なぜ夫に連絡があったのかというと、デイケアの方が義父と連絡が取れず、家にも居なかったので息子さんに、という流れになったそうです。


デイケアからの呼び出しは2回目で、認知症初期の頃は警察から連絡が来た事もありました。


「お金がなくなった」と言い出すことが増えたら間違いなく認知症を疑った方が良いと思います。


夫が契約&支払いをしている携帯を義父に持たせてはいるのですが(らくらくフォン)私達世代のように携帯をチェックする習慣がない義父は、着信に気が付かなかったようです。


「持たせている意味ないじゃん」て話なんですけどねっ!歳が歳なので仕方ありません⤵︎⤵︎⤵︎


まぁ、ここまでは「お義母さんが無事で良かったね」て話で済むのですが…


帰って来た義父が、義母の徘徊を知り、義母を叱責したそうです。


私もその場にいたわけではないので上手く説明できないのですが、義母に対する接し方がとにかく酷かったそうです。


日頃は無口で怒鳴るような人には見えないのですが、昔からスイッチが入ると別人になる、と夫からは聞いています。(昔は暴力を振るうこともあったとか?なかったとか?)


認知症の人に怒鳴ってもすぐ忘れちゃうから意味がないことをいくら説明しても、義父は子共と同じで叱ったり躾けたりすれば治る、とでも思っているらしいのです。


「このままでは、衝動的に何か間違いがあってもおかしくないかもしれない」「いつもあんな風に怒鳴られていたら家をふらっと出て行きたくなる(徘徊)のも分かるし、母をあんな家に居させるのは可哀想だ」「グループホームにでも入れてあげた方が母も楽しいだろう」と夫は思ったそうです。


それと、もう一つ、私達夫婦が気付いていなかったことが判明しました。


それは食事です。


義父は出掛ける前に、ご飯を炊き味噌汁を作り出掛けていたようで、それには感心させられたそうなのですが…


叱責後、少し落ち着いてから夫に「夕飯でも食っていくか?」とすすめてくれたそうです。でも、おかずは全てお惣菜だったそうです。


まぁ、これも、高齢者の家庭ならあり得る話なのですが、そのお惣菜のほとんどが「消費期限が切れていた!」という衝撃の事実((((;゚Д゚)))))))


それを「大丈夫だ大丈夫だ」と言う義父


話を聞くと消費期限間近のモノを買っているのではなくて、毎日は買い物に行けないので、まとめて買って冷蔵庫に入れておけば、少しぐらい期限が切れても大丈夫だろう!と思っているらしいのです。


少しぐらいどころか中には8月末で切れていたお惣菜もあったようで「全部捨ててきた」と夫が言っていました。


そんなモノを食べさせられていた義母もホント可哀想です。


なぜ私達夫婦が今までその事実に気付かなかったかと言うと、遊びに行く日は、こちらから何かしら(大抵お寿司)を買って行くので、冷蔵庫を開けることがなかったんですよねっ(>_<)


ましてや、私の実家ではないので遠慮もあり、ちゃんと食べているのか?夫から義両親に聞いてもらうことしかできませんでした。


食べてるって答えるんだから、それを信じちゃいますよね(´;ω;`)ウゥ


正直、嫁の立場で、どこまで口を挟んで良いのかが分かりません。


はぁぁ。どーしたら良いのでしょうねっ!


今、思い付く対応策は…

  1. 手料理を持って週に何回かでも片道2時間かけて私が通う
  2. 一緒に住む
  3. 単身赴任のような形で夫だけ実家に戻る
  4. とりあえず義母だけでもグループホーム特別養護老人ホームに入居させる


1は初めは良くてもすぐに破綻すると思います。


2は物理的に厳しいです。我が家は2LDKなので快適に過ごしてもらえる部屋がありません。逆にこちらが夫の実家に住むとなると、息子の通学が困難になります。


3も厳しいとは思いますが、消費期限の切れたお惣菜を食べさせるようなことはなくなるとは思います。


4が一番現実的かな?と思うのですが、これには先立つ物が必要ですよね。


義母が認知症になって「お金がなくなった」と騒ぐようになってから義父が家計を管理しています。


これがまた厄介で…


預貯金や資産がどれぐらいあるのかは夫も把握してないのですが、義父は義母の為にお金を使おうという気が一切なさそうなのです。長年連れ添ってきた夫婦なのに悲しいですよね。


夫は義母と義父とを離婚させて財産分与させられないか?とまで言い出しました。


どちらか一方が認知症だと、離婚はそう簡単ではなさそうなので、まずは夫が義母の成年後見人になって、義母が受け取れるはずの数万円の年金だけでも管理できれば、私達からの援助と合わせて特養に入居してもらう、ということができないかな?と夫に提案してみようと思っています。


そーなれば当然、私もパートに出ることになりますが、片道2時間かけて週に何回も通うよりは精神衛生上ずっと良いと思います(^^;


月に一度の面会なら苦にはならない(?)と思う嫁は冷たいでしょうか???


「10の家庭があれば10通り」の「100の家庭があれば100通り」の介護事情があると思います。


先延ばしにしてきてしまった我が家の介護問題と真剣に向き合う時がついに来たなって感じです。


はぁぁ。ここまで一気に書きましたが、身内の恥もいいところですよね(^^;


これを公開するのは躊躇われますが、思った通り、書いたらスッキリしました!


とりあえず、次の夫の休みにでも特養がどんな所なのか見学に行ってみようかという気になってきました。


義父を説得するのは、またその後、考えれば良いですよね?


よ〜し頑張ろーーーー\\\\٩( 'ω' )و ////


***************


最後までお読み頂き、ありがとうございました。


ハル(╹◡╹)♡


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村